入居でのキャンセル

入居でのキャンセルとは

賃貸マンションの入居キャンセル

賃貸マンションの入居を申し込みする際に、賃貸物件を他の者に渡さない権利ために手付金を支払います。金額に定めはありませんが、1万円~家賃の半分程度を支払うのが一般的です。都合で入居できなくなった時や、他にもっといい物件が見つかり、手付金を払って申し込みをしたマンションをキャンセルする場合には、手付金は不動産業者に没収されてしまいます。不動産業者からキャンセルした場合には、倍返しで借りる予定だった者に、手付金の2倍の金額が支払われます。手付金をふいにしないためにも、申し込む時には慎重になることが望ましいようです。

アパート入居のキャンセルの特徴

賃貸アパートの入居をキャンセルすると、お金がかからなくて済む、引っ越し作業の手間が省けるなどの長所があります。賃貸アパートに住み始めると、毎月数万円を大家に払う必要が生じます。断ればそれらの出費は無用となります。また、引越し業者に荷物の移動を依頼するとお金がかかりますが、キャンセルしたので荷物はそのままで問題ないです。大家に困ったような顔をされる、土壇場で断るのは失礼にあたるなどです。大家に話を伝えると、収入増のきっかけが減ったことになるため、困った顔をする可能性が高いです。特に前日に断る場合は、怒られることもあるので注意です。ただ、家族の訃報や社長の指示が原因の場合は、大家は怒らずに同情してくれると思われます。

↑PAGE TOP