キャンセルでの費用

キャンセルでの費用には

賃貸のキャンセルにかかる費用

賃貸契約では、キャンセル料がかかってくるかどうかは、正式な契約を結んでいるかどうかによって異なってきます。一般的に、申込みをすると、不動産会社は審査などをすることになり、人件費などがかかってきますので、料金を取りたいと思うところでしょう。しかし、申し込みをして、審査に通過したとしても、その時点では自由に断ることができます。よって、正式な契約を締結していないなら、キャンセル料などの費用はかかりません。正式に賃貸契約を結んでしまった後では、基本的には礼金、1ヶ月分の賃料、仲介手数料などは戻ってきません。家族が病気になったなどのやむを得ない事情の場合には、大家さんが同情をしてくれて礼金などが戻ってくることもありますが、大家さんの判断になります。

賃貸をキャンセルする際の注意

賃貸を申し込んだけれどなんらかの事情でキャンセルをする際には、いくつかの注意が必要です。万が一契約を済ませた場合に於いては、代金を支払っているかいないかに関わらず、違約金が発生することを頭に入れておく必要があります。多くの場合には入居を決めた時点で大家さんはその準備を始めるので、リフォームや掃除などの業者を手配していることが多く、その業者に支払う費用が発生する事が少なくありません。大家さんにとっても出費がかさむことになり大きな迷惑をかけることになるため、賃貸物件を借りる際には十分に検討してから契約する事が大切です。

↑PAGE TOP