賃貸のキャンセル

賃貸のキャンセルには

賃貸の申し込みとキャンセル

不動産の取引は、購入するときはもちろん、賃貸でも日常生活で使う様々な支出の中でも金額が大きくなりがちです。また、不動産のもう一つの大きな特徴が、お店で売っている商品とちがって同じものが二つとないことです。 この二つの特徴のために、金額が大きな取引は慎重にしたい反面、迷っている間に物件がほかに人に契約されてしまう可能性もあり、時には決断も求められます。 今気に入っている物件が最高か、次の物件は今よりいい条件ではないかと迷っているときりがないので、期限を決めることは大切です。 気にいった賃貸物件に出会ったら、契約前の仮押さえで、違約金なしでキャンセルできる期間を確認すると効果的です。

賃貸住宅のキャンセルについて

アパートやマンションなどの賃貸住宅を不動産会社の仲介によって探し出し、入居する旨の約束をしたものの、その後の家庭の事情などによって、その物件をキャンセルしたいという場合には、それが手続き的にどのような段階にあるのかによって、取り扱いが異なることになります。単なる口約束であって、特に契約書にもサインをしていないということであれば、特に違約金をとられるなどするケースはないとみられますが、もしも契約書にサインをして、入金をすませた後の段階であれば問題です。返金があるにしても、所定の費用を差し引いての返金ということになりますので、賃貸住宅の契約はよく考えてから行うべきでしょう。

↑PAGE TOP